たったこれだけ!オシャレに見せる方法

デザインカラーを薄くすればオシャレになる

ホームページをオシャレに見せたい場合、色の使い方が重要になります。プロのようなカスタマイズ及びレイアウトができる場合は何色をどう使っても問題はありませんが、一般人はできないため、まず色の使い方を考える必要があります。 色は何種類も使わず、2から3色に絞ると良いでしょう。何種類も使ってしまうと、ホームページのイメージカラーがブレてしまい、さらに目がチカチカしてしまい、オシャレの感じる前にストレスに感じてしまう可能性が高くなります。だから使う色を制限し、落ち着いたホームページにしましょう。そして、その選んだ色を薄くするとより良いです。濃い色にしてしまうと、その主張が激しく、同じく目がチカチカする恐れがあります。ここを薄い色にしておくことで、目に優しく、読者に良い印象が持たれます。さらに薄い色を使うだけでオシャレに感じてもらえる効果があるのでオススメです。

読者のための文章に編集する

ホームページのメインは『文章』になり、それによってオシャレにもダサくもなります。文章は必ず読者のために見やすくしなければ、まずオシャレに感じてはもらえません。 見やすくするには、文章の長文を空行と改行を複数回使用し、ブロック分けする方法があります。これによって長文が分割され、読むストレスを軽減させ、読ませるのではなく文章を見せることができます。また、元の長文よりも長く感じ、そこに価値を感じてもらえるでしょう。さらに、文章の書体や太さ、色の使い分けることで『細かい所までこだわっている』という印象を持たれ、それがオシャレに直結させることができます。特に、文章の書体はホームページのテーマ(内容)に合うものにすれば、それだけでオシャレ効果は大きいです